「首相」「総理大臣」「総裁」違いは?偉いのは誰、同一人物?

シェアする


新聞やテレビのニュースで出てくる言葉「首相」「総理大臣」「総裁」。日本においては同一人物を指していますが、なんとなく使い分けられているようにも見受けられます。この3つの役職の違いは何なのでしょうか。どのようなルールで使い分けられているのでしょうか。

「首相」「総理大臣」は同じ意味?

「首相」と「総理大臣」は同じ意味です。ただし日本の法令上では「首相」というポスト名称は存在しません。

では、なぜ「首相」という言葉があるかというと、「総理大臣」というポストは日本固有のポストで、海外向け(英語)に「総理大臣」という言葉がありません。代替として「Prime minister(=首相)」が使われています。逆に海外のそれに相当するポストも「首相」と訳し、報道されています。

ここで疑問が…、全てを通称である「首相」で報道すればいいような気がしませんか?もし「総理大臣」を「首相」と呼ぶ場合は、平仄をとるために他の大臣も「〇〇相」と呼ぶ必要がでてきます。外務省の大臣は、外務相呼ぶことになります。音がかぶってませんか?聞き間違えは起こりますよね。

というわけで、メディアで表現する場合、
 活字の場合は「首相」
 音声の場合は「総理大臣」
と使い分けています。

ちなみに「内閣総理大臣」「総理」は総理大臣の前提で話をまとめてます。

「総裁」は?やっぱり一緒なの?

次の「総裁」ですが、これは先ほどまでの「首相」「総理大臣」とは別物です。

「総裁」とは、自由民主党における政党トップの役職名です。他の政党では「代表」「委員長」などいろいろな呼び方をします。現在の日本は、ほとんどの場合自由民主党は第一党を務めてきていて、自由民主党のトップ(=総裁)が、内閣総理大臣を務めてきています。

なので実質的には同一人物を指すのですが、その時の報道の内容が「自民党総裁としてのなのか」「内閣総理大臣としてのか」で表現が使い分けられます。